QLOOKアクセス解析

【ボルダリング】 ホールドの種類と持ち方 



ホールドにはいくつか種類があります。持ちやすいものから、持ちにくい物。大きい物から小さい物まで様々。ホールドには、それぞれ種類や持ち方が存在します。とはいえ、ホールドの持ち方にもいろいろありますが、基本的には5本の指を使って、最も少ない力で安定して体を支えることができる持ち方を選びたいものです。

ホールドの種類と持ち方について、京都グラインド&バンプス(http://kgb.bomberjapan.com/)がとても分かりやすく説明していたので引用させてもらいました。続きにてご覧ください☆







ホールドの種類と持ち方です↓




ガバ:安心して掴める大きなホールド



カチ:小さなホールド。親指を人さし指の上に重ねて持つ方法をカチ持ちと言います。



ポケット(ポッケ):指が1~3本入る穴状のホールド。



アンダー:掴む方向が下からのホールド。体を上に上げれば上げるほどよく効きます。



ピンチ:左右から挟み込むようなホールド。



スローパー:表面が滑らかで丸っこいホールド。たいてい掌で押さえながら登ります。
これをパーミングと呼びます。




ラップ:丸くて大きめのホールドを小指、薬指を中心に、包み込む(ラッピング)するように掴む方法です。



ジブズ:木ねじで止めた小さなホールドやスタンスです。



カンテ:壁の形状が角張っている場所。
ドイツ語。本来はもっと大きな岩場の三角形の凸状の形状を指しますが、ボルダリングでは写真のような角もカンテと呼びます。




たくさんあって最初は憶えられないですよね…

他にもいろんな持ち方もできると思うので課題ごと臨機応変に考えて、楽な持ち方を見つけてみてください☆
がんばりましょ~!!
関連記事






コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ~
プロフィール

ogurockman

Author:ogurockman
日本ワイン,日本ウイスキー,燻製,GOOD ON,ピルツ15,FUJIFILM XE1,tokyobike,スペアザ,toconoma が大好きな37歳です。

登録よろしく!!
スポンサードリンク
はじめに揃えよう!!
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ホワイトゴールドチョーク 50gチョークボール BD14300
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)
ホワイトゴールドチョーク
50gチョークボール

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) ホワイトゴールドチョーク(ルーズ) 200g BD14306
詰め替え用チョーク
ホワイトゴールドチョーク(ルーズ) 200g
最強で最高のフリクション!!
トレーニンググッズ
Metolius(メトリウス) グリップセイバープラス [レギュラー] ME14060
Metolius(メトリウス)
グリップセイバープラス [レギュラー]

詳細記事はこちら↓
メトリウス グリップセイバープラス【レギュラー】の使用動画
クライミング用 ソックス
caravan(キャラバン) ドラロン・ロックソックス 0132005 サックス M
caravan(キャラバン)
ドラロン・ロックソックス
スポンサードリンク


ページ
先頭↑

ホームへ